Good-bye My Car

廃車の手続き書類

Good-bye My Car 廃車にするとはいっても、車体をスクラップにして永久に乗らないという場合と、一時的に公道を乗らない状態にする場合とでは、それぞれ永久抹消登録、一時抹消登録という区別があり、厳密な意味では異なっています。
しかし、カーディーラーや代行業者などに手続きを依頼するような場合には、その業者がすべて適切に処理してくれるため、本人としてはあまり問題にはなりません。
こうした廃車の手続きにあたっては、ある程度の書類をとりそろえておく必要がありますので、廃車にしたいといってもすぐには手続きができず、そのような書類を引き渡してからということになります。
廃車の際の必要書類ですが、普通車の場合であれば、所有者の印鑑登録証明書、委任状、車検証などといったものは最低限必要となります。
印鑑登録証明書については、発行日から3か月以内に市町村役場において発行されたもの、委任状については、所有者が印鑑登録をしている実印の押捺があるものというのが条件ですが、軽自動車の場合はかならずしも実印でなくてもかまいません。
そのほかにも、すでに車両をスクラップにしているのであれば、自動車リサイクル法にもとづく解体業者による解体報告なども必要となってきます。

廃車する最も多い原因

廃車の理由は人それぞれ事情が異なってきます。
その中でも最も多い原因を3つ挙げてみました。
一つ目は長年使用し古くなりすぎ、値段が付かなくなったためです。
旧車と呼ばれる古い車もスポーティーモデルなど希少価値のある車は、現在も市場に出回り高値がつきますがそうでない人気のない車は買い手もなく、車買取業者もメリットがないためどうしようもないです。
二つ目は事故や災害などで自走不能なj状態になってしまった車です。
特に災害では水没してしまった車が一番多いでしょう。
心臓部であるエンジンにまで水が浸かると、もはや動くこともできず廃車しか選択肢がほぼないです。
三つ目の理由は、これは実際に経験した人も多いと思います。
故障等で修理が必要となった際に修理代が予想以上に高くついてしまった場合です。
修理に何十万も出すなら新しい車に乗り換えたほうが得だと思うからです。
三つの原因を挙げてみましたが、一つ目は長年大事に乗り続けた結果ですから寂しい思いもしますがあきらめもつきます。
二つ目、三つ目は予想外の出来事で本来なら廃車にしなくてもよかったはずです。
経年劣化、事故、災害、故障、それらの要素が上記に挙げた3つの原因に結びつき、廃車という選択肢を選んでしまうのです。

廃車買取・手続き関連リンク

面倒な廃車手続きも無料で代行。

廃車の手続き